column

歯科コラム

子どもの歯列矯正で使うヘッドギアとは?メリットとデメリットを解説

子どもの歯列矯正を行う際に、ヘッドギアが用いられる場合があります。

主に、奥歯のかみ合わせにずれが生じている場合や上あごの成長を抑制して出っ歯を防ぐ場合に使用します。

見た目のインパクトが大きいため、多くの子どもがワイヤー矯正をしているなか、ヘッドギアを使用するメリットや対象者について気になる方もいらっしゃるでしょう。

子どもの歯列矯正を検討している方はぜひ参考にしてください。

歯列矯正で使うヘッドギアとは

ヘッドギアとは矯正器具の1つで、上顎顎外固定装置と呼ばれます。
大人ではなく、これからあごが成長する子どもによく使われる矯正器具です。

ヘッドギアは頭もしくは首で固定し、上あごの骨や歯列に力を伝えます。
上あごが前方に成長しないよう抑制するほか、奥歯を後ろに移動させたり、歯を押し込めたりすることが目的です。

また、全体的に歯が前歯側に伸びて出っ歯のようになることを防ぐため、奥歯が前に行かないよう固定する目的もあります。

日本でヘッドギアを付けている子どもはあまり見かけませんが、欧米ではポピュラーな装置です。
ホームドラマのほか「ファインディング・ニモ」や「チャーリーとチョコレート工場」などの映画で、ヘッドギアを付けたキャラクターが登場します。

矯正でヘッドギアを使うメリット

ヘッドギアを使って矯正するメリットは「上あごの成長を無理なくコントロールできる」「取り外しができる」「費用が抑えられる」の3つです。
費用面におけるメリットもあるため、矯正中にかかる負担を抑えられます。

上あごの成長を無理なくコントロールできる

ヘッドギアは成長途中の子どもが対象であり、適切な時期に使用すれば無理なく上あごの成長をコントロールできます。
上あごの成長をコントロールすれば正しいかみ合わせに導くことができるほか、唇が閉じやすくなるため虫歯や歯周病のリスクを下げられるメリットもあります。

取り外しができる

ヘッドギアは取り外しできるため、学校へ行くときなど外出時は外してもOKです。
1日10~12時間以上の使用が必要とされているため、在宅時と就寝時に装着すればクリアできます。

最初は違和感がありますが、慣れればヘッドギアを付けたままでも寝られます。

費用が抑えられる

容貌を美しくするための歯列矯正は保険適用外です。

しかし、子どもの成長を阻害しない目的で行われる不正咬合の歯列矯正など、年齢や目的に基づいて歯列矯正が必要と認められる場合、費用は医療費控除の対象となるケースがあります。

そのため、大人になってから歯列矯正をするよりも費用を抑えられる点がメリットです。

ヘッドギアの費用相場は10万~50万円と幅広いですが、医療費控除の対象となるのであれば少しでも負担を減らせるでしょう。

※不正咬合…上あごと下あごのずれや歯並びが乱れていてかみ合わせが悪いこと

矯正でヘッドギアを使うデメリット

ヘッドギアのデメリットは「長時間の装着が必要」「装着時は激しい運動ができない」の2つです。
習い事やクラブ活動などをしている子どもにとっては、長時間の装着が難しいかもしれません。

長時間の装着が必要

ヘッドギアを装着することにより矯正が進みますが、なるべく長時間装着する必要があります。
そのため「ヘッドギアを付けているところを人に見られたくない」と感じる子どもであれば、ストレスになるかもしれません。

また、習い事などをしていると帰宅時間が遅くなるため、十分な装着時間を確保できないことも考えられます。

装着時は激しい運動ができない

ヘッドギアはワイヤーやベルトに力が加わると破損する恐れがあるため、装着時は激しい運動ができません。
ときにはワイヤーやベルトが切れてしまうこともあるため、装着時の運動には十分な注意が必要です。

運動系のクラブ活動をしている子どもや運動が好きな子どもの場合は、破損する可能性があるため激しい運動ができないことを、子ども自身にも理解してもらう必要があるでしょう。

まとめ

ヘッドギアのメリットは「上あごの成長を無理なくコントロールできる」「取り外しができる」「費用が抑えられる」、デメリットは「長時間の装着が必要」「装着時は激しい運動ができない」とわかりました。

長時間の装着が必要で多少のストレスを感じるかもしれませんが、大人になってから歯列矯正をすることを考えれば、子どものうちに治療することがおすすめです。

子どもの歯列矯正を考えているのであれば、ぜひ「四日市くぼた歯科・矯正歯科」をご検討ください。
大人はもちろん、小児矯正も行っています。

「四日市くぼた歯科・矯正歯科」で行っている小児矯正は、自然なあごの成長を利用した歯列矯正です。
将来的に歯がきれいに並ぶようにスペースを拡げ、上下のあごのバランスを整えます。

強い力をかけないため、お子さまへのダメージが少ないのが特徴です。
さらに「こども用マウスピース」を使用しており、なめらかな素材と形状のため口の中を傷つけることなく治療ができます。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の小児矯正

四日市で選ばれる当院の一般歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 273,375

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 116,126

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる? 104,709

2023.03.29
歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

月別アーカイブ