column

歯科コラム

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

こんにちは。
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】です。

歯が痛くてもすぐに歯医者に行けない場合は、まず応急処置を行う必要があります。
ただし、間違った処置を行うと症状を悪化させてしまう恐れもあるので注意しましょう。

そこで本記事では、ご家庭でできる応急処置方法や注意点を解説します。

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない時の応急処置方法5つ

歯が痛むのにすぐに歯医者に行けない時の応急処置方法は、主に5つあります。

市販薬で痛みを緩和する

通常、歯科医院では痛み止めにロキソニンを処方されることが多いです。
歯科医院のロキソニンは、市販薬ならロキソニンSやバファリンなどで代用が可能です。
正露丸も歯痛に有効ですが、他の薬とは異なり痛むところに直接詰め込んで使用します。

痛い箇所を冷やす

血液量の増加による神経の圧迫で、歯が痛むケースがあります。
血液の流れを一時的に抑えるためには、患部を冷やしましょう。
氷や保冷剤などをタオルで巻いて外側から患部を冷やしたり、氷を口に入れて直接冷やしたりする方法があります。
ただし、歯周病や知覚過敏、抜歯による痛みは、患部を冷やすことで痛みが悪化する恐れもあるので、虫歯の場合にできる応急処置と理解しておきましょう。

口内を清潔に保つ

虫歯などで歯に穴が空き、食べカスが浸入することで歯が痛むケースがあります。
その場合は、歯磨きをしたり口をゆすいだりすると効果的です。
なかなか食べカスが取れない時は、デンタルフロスで食べカスを取り除くことがおすすめです。

塩水でうがいする

塩水は、細菌を減らす効果が期待できます。
塩水でうがいをする場合は、グラス1杯の常温水またはぬるま湯にスプーン半分ほどの塩を入れたもので行いましょう。
患部だけではなく、口全体をゆすいでも構いません。
歯肉が腫れている場合には、イソジンなどうがい薬ですすぐのもおすすめです。
イソジンについては、ヨードアレルギーがある場合には使用してはいけないため、注意しましょう。

手のツボを押す

歯痛に有効な手のツボは、合谷と歯痛点です。

合谷は、手の甲にある親指と人差し指の骨が重なる部分です。
歯痛点は、手のひらの中指と薬指の付け根の間にあるツボです。
合谷は、強めに押し込んだり、強く揉んだりして刺激しましょう。
歯痛点は、人差し指と親指で挟むように摘まんで強めに刺激することがポイントです。

歯が痛い時の注意点

歯が痛む際の応急処置方法を間違えると症状を悪化させてしまう恐れがあります。
歯が痛い時の注意点は、主に3つあります。

痛い箇所に触れる

歯ブラシや爪楊枝などで痛い箇所に触れると、刺激によって痛みが悪化してしまいます。
そのため歯磨きをする際には、なるべく痛いところに触れないように優しく磨くことがポイントです。
また指で直接触れると、手に付着している菌が患部に入り、痛みを悪化させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

飲酒・入浴・運動をする

飲酒や入浴、運動は、血管の拡張や血流の増加を招く行為です。
飲酒の場合は、一時的に神経中枢が麻痺するので痛みを覚えにくくなりますが、血流が促進されるので後に強い痛みを覚えるケースがあります。
アルコールだけではなく、甘い飲み物や炭酸飲料も刺激が強いので控えたほうがいいでしょう。

喫煙

たばこの煙に含まれる有害物質は、患部を刺激して炎症や痛みが悪化してしまう恐れがあります。
血液循環が悪化して歯肉に酸素が行き渡らなくなると、歯周ポケットの中で歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。
この状態は、歯周疾患が進行しやすいので注意しましょう。

歯の痛みが完全になくなったら要注意

歯の痛みが完全になくなったからといって、歯科医院に行かなくてもいいわけではありません。
歯の痛みがなくなったということは、虫歯が神経まで広がり神経が死んでいる恐れがあります。
神経が死んだあとも顎の骨まで炎症が広がったり、細菌が血流に流れて全身疾患につながったりするリスクがあるので、応急処置後はすぐに歯科医院に行きましょう。

まとめ:歯の痛みの応急処置後は歯科医院へ行きましょう

歯が痛む時は、まず家でできる応急処置を行いましょう。
本記事のポイントを改めてまとめます。

  • ・歯が痛い時は患部を冷やしたり市販薬で痛みを和らげたりして応急処置を行う
  • ・食べカスが原因で歯が痛む時もあるので口内を清潔に保つことも大切
  • ・患部に直接触れたり喫煙したりすると痛みが悪化する恐れがある
  • ・飲酒や入浴などで血流を促進させるとより強い痛みを覚えやすい
  • ・歯の痛みが消えても治ったわけではない

歯が痛む時は患部を冷やす、市販薬を使用する、口内を清潔に保つ、などの応急処置を行うと痛みを抑えられる可能性があります。
ただし、痛みのある患部に直接触れたり、飲酒・喫煙などをしたりすると、かえって症状を悪化させてしまいます。
歯の痛みに対する応急処置を行ったあとは、治療後もサポートしている四日市くぼた歯科・矯正歯科へご相談ください。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の予防歯科

四日市で選ばれる当院の一般歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 243,427

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 96,996

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる? 84,667

2023.03.29
歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

月別アーカイブ