column

歯科コラム

正しい歯磨きの仕方は?目安の時間も一緒に解説!

こんにちは。
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】です。

歯磨きは年齢にかかわらず、誰もが歯の健康を保つために毎日行う歯のお掃除です。
ですが、歯のお掃除をしっかり正しく行わないと、虫歯や歯周病などの原因になり、健康的な歯を失いかねません。
本記事では正しい歯磨きの仕方、歯磨きの目安時間、そしてタイミングについて解説いたします。

正しい歯磨きの仕方

そもそも正しい歯磨きとはどのように行えばよいのでしょうか。

基本的な歯の磨き方

最初のポイントは、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の表面に当てることです。
汚れがたまりやすい歯と歯茎の境目にもしっかりと当てましょう。

次に、歯ブラシを動かす際は、あまり力を入れず、磨いていて気持ちよいと感じる軽い力で磨きます。
そして歯を磨く際は1〜2本ずつ5mmから10mmくらいの幅で小刻みに毛先を動かし、丁寧に磨いていきましょう。

加えて子どもの場合、歯磨きをするときにゴシゴシと力を入れて歯を磨きがちです。
子どもの歯磨きでは、最後に大人が仕上げをしてあげましょう。
仕上げをするときは、子どもを寝かせて仕上げをすると、口全体が見えやすく歯ブラシも奥に届きやすいためおすすめです。

しかし、歯はすべて同じ大きさや形ではありません。
正しい歯磨きに加えて工夫も必要になります。
凸凹になっている歯は形に合わせて歯ブラシの毛先をしっかり当てて1本ずつ磨いたり、歯と歯茎の境目は斜め45°に毛先を傾けて磨いたりするなど歯ブラシが届きにくい箇所に合わせてしっかり磨くことが大切です。

歯垢を取り除くのが大切

歯磨きは、ただ汚れを落とすだけではなく、虫歯や歯周病などの原因になる歯垢をしっかり取り除くことが重要です。

歯垢は細菌の集合体で粘着性があり、歯と同じような色をしています。
また、触ったときにざらざらとした感触があります。
歯垢は、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の噛み合わせの溝、歯並びが凸凹している箇所など隙間があるところにたまりやすくなります。
歯ブラシのみで歯磨きを行うのもよいですが、歯間ブラシを使用すると歯垢除去率が高まります。
歯間ブラシを最初に使用してから、歯ブラシをすると毛先が細部まで行き渡りやすくなるためより効果的です。

歯垢は水ですすぐだけでは取り除くことができません。
歯磨きをするときに、正しい歯磨きの仕方に加えて歯間ブラシを使用しながら歯垢を落とすことを意識しながら歯を磨きましょう。

歯磨きの時間とタイミング

歯磨きをするにはどれくらいの時間をかければよいのでしょうか。
また、歯磨きのタイミングはいつになるのでしょうか。

歯磨きの目安時間

歯磨きの目安時間は約3分といわれています。
歯の数は上下合わせて28本(親知らずがすべて生えていた場合32本)ありますが、その数を正しい磨き方で磨くと3分はかかります。

しかし長時間の歯磨きが必ずしもよいとは限りません。
過度の歯磨きは、表面のエナメル質、歯、そして歯茎を傷つけてしまう恐れがあり、知覚過敏や歯肉退縮の原因にもなってしまいます。
目安は3分となっていますが、大切なのは時間ではなく歯の汚れをしっかり落とすことです。

歯磨きのタイミング

歯磨きのタイミングは、1日3回、食後が理想です。
しかし食後直後になると、口の中が酸性状態になり、歯の表面が一時的に弱くなります。
その中ですぐに歯磨きをすると、歯を傷つけてしまう可能性があります。
唾液が弱い状態から徐々に修復してくれますので、食後30分ほど時間をあけて磨くとよいでしょう。

3回のタイミングの中で一番しっかり磨くとよいタイミングは就寝前です。
就寝中、口の中は乾燥しやすくなり、虫歯菌が増殖しやすい環境となります。
そうすると朝起きるころには夜磨いたあとよりも菌が増殖しています。
虫歯菌を落とすために、起床後の歯磨きまたは口をすすぐことをおすすめします。
夜に増殖した菌を流すとともに、口の中がとても爽やかになりすっきりとします。

まとめ:正しい歯の磨き方は歯科医院で

本記事では、正しい歯磨きの仕方と歯磨き、目安時間そしてタイミングについて解説しました。
今回の内容をまとめると以下のとおりです。

  • ・歯磨きは毛先を歯や歯茎に当てて軽い力で磨く
  • ・歯の形や隙間に合わせて工夫しながら磨く
  • ・歯垢を落とすことを意識して磨く
  • ・歯間ブラシを使用すると歯垢除去率が上がる
  • ・歯磨きをするタイミングは毎食後30分ほど待ってから行う

歯磨きは虫歯や歯周病を防ぎ、歯を健康に保つための大切な習慣です。
四日市くぼた歯科・矯正歯科は、正しい歯磨きの方法やアドバイスなど歯の健康を守るために親身にご相談にお応えしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の予防歯科

四日市で選ばれる当院の一般歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 243,427

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 96,996

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる? 84,667

2023.03.29
歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

月別アーカイブ