column

歯科コラム

虫歯の治療後ずっと痛いのはなぜ?対処法や再受診のタイミング

こんにちは。
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】です。

虫歯を治療しても、痛みが生じるケースがあります。
治療後の痛みは放置せず、すぐに対処することが大切です。

本記事では、虫歯の治療後に痛む原因や対処法をご紹介します。
その他、再受診すべきタイミングについても解説していますので、これから虫歯の治療を控えている方やすでに痛みが生じている方はぜひ参考にしてみてください。

虫歯の治療後にズキズキと痛む原因とは?

一般的な虫歯治療の流れは、以下の通りです。

  1. 1.治療を行う歯の周囲に局部麻酔を行う
  2. 2.麻酔が十分に効いたら、歯を削って細菌に侵された歯を除去する
  3. 3.詰め物を入れる

虫歯の治療後に痛む場合、まずは原因を見つけましょう。
ここでは、虫歯の治療後に痛む原因を3つご紹介します。

神経が敏感になっている

神経に近い部分の虫歯を削ると、神経が炎症を起こして敏感になってしまう恐れがあります。
虫歯治療に用いるドリルの振動や、摩擦による熱、冷たい麻酔は、神経にダメージを与えやすいです。
また虫歯治療後は、神経が過敏になりがちなので、熱いものや冷たいものから温度の刺激を受けやすいので注意が必要です。

神経治療後に神経や細菌が残っている

神経治療後に神経が残っていると、痛みを覚えやすいです。
また歯根が網状に細かく分かれている場合は神経治療が難しく、神経治療で細菌が取りきれないと、痛みが生じる恐れがあります。
すでに虫歯菌が歯の深い部分まで入り込んで歯を溶かし続けていると、神経が弱まりダメージを受けている状態といえます。

金属が入っている

虫歯を削った部分に金属を入れると、飲食するものの温度が伝わりやすく、痛みが生じやすいです。
また被せ物や詰め物が原因で、他の歯よりも高さが出てしまっている場合は、噛み締める際に痛みが生じるケースがあります。
被せ物や詰め物により高さが合っていないと、歯と骨の間にある歯根膜までダメージを受けてしまい、他の残存歯にまで影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

治療した歯が痛いときの対処法

虫歯の治療後に痛む場合は、原因を明確にするために歯科医院を受診して対処する必要があります。
ここでは、治療した歯が痛いときの対処法を3つご紹介します。

熱いものや冷たいものを患部に当てない

熱いものや冷たいもの、刺激の強いものを痛みのある部分に当てないようにしましょう。
虫歯の治療後の痛みは、治療してから3日〜1週間ほどで治ることがほとんどです。
長期間痛みが続く場合は、神経を除去する処置を行うケースがあります。

神経治療をやり直す

歯の神経や細菌が取りきれていない場合は、神経治療をやり直さなくてはいけません。
神経が細かく枝分かれしている部分には、太い根の中の神経を取ったあとに自然に閉鎖するような薬で閉じる処置を行います。
神経治療を行って痛みが取れても違和感が残るケースがあり、その場合は主に経過観察を行います。

噛み合わせを調整する

詰め物や被せ物をしてから2週間以上経っても痛みが消えない場合は、噛み合わせの調整を行います。
噛み合わせの調節をしても数か月以上違和感が続く場合は、レントゲンを撮って根の状態を確認する必要があります。
レントゲンによる根の状態次第で、神経治療を行うべきか判断します。
また、詰め物や被せ物をしたあとは、2週間ほどで慣れ、痛みも落ち着いてくることがほとんどです。

治療後の痛みはすぐ再受診すべき?

虫歯の治療をしたあとに1か月以上痛みが続く場合は、すぐに再受診すべきです。
前回の虫歯治療で神経を残している場合は、神経を取り除くべきか慎重に考える必要があります。
神経を除去すると、歯が脆くなりやすくなるため、治療した歯の寿命が縮まる傾向があります。
ただし、普通に過ごしていても痛みを感じたり、腫れてしまったりと、日常生活に支障をきたすほどの痛みが生じているときは、神経を取り除く処置を行うことが多いです。

まとめ:虫歯の治療後の痛みにお悩みの方は四日市くぼた歯科・矯正歯科へお越しください

虫歯の治療後の痛みが1か月以上続く場合は、歯科医院を受診して原因に沿った治療を受ける必要があります。

本記事のポイントを改めてまとめます。

  • ・虫歯の治療後に痛む原因は、神経過敏や、詰め物や被せ物の金属の場合がある
  • ・金属の詰め物や被せ物をしている場合は、熱いものや冷たいものを患部に当てないようにする
  • ・取り残した神経や細菌が原因で痛みが生じる場合は、神経治療をやり直すケースがある
  • ・詰め物や被せ物の高さを調整すれば、痛みが改善される場合がある
  • ・治療後の痛みが1か月以上続いたときが再受診のタイミング

万が一、治療後の痛みが生じたときのために、虫歯治療のアフターケアも行っている歯科医院を選ぶことが大切です。
これから虫歯治療を受ける予定の方や、治療後の歯の痛みで悩んでいる方は、ぜひ四日市くぼた歯科・矯正歯科にご相談ください。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の予防歯科

四日市で選ばれる当院の一般歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 287,126

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 125,095

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる? 113,321

2023.03.29
歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

月別アーカイブ