column

歯科コラム

黒い歯石が自然に取れた!歯石が黒くなる原因や取り方を解説

こんにちは。
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】です。

自然に取れた歯石を確認してみると黒い。歯石は本来白っぽいはずなのに「なぜ黒いの?」と不安に思ってはいませんか?

本コラムでは、歯石が黒くなる原因や黒い歯石の取り方について解説します。

黒い歯石の特徴と原因

急に取れた歯石が、黒っぽいと不安になりますよね。
歯石が黒くなるのには、きちんと理由があります。
以下の文章で、黒くなるメカニズムや原因をわかりやすく解説します。

黒い歯石の特徴

黒い歯石は「縁下歯石」とも呼ばれ、歯周ポケットの中に付着します。
そのため外側からは見えず、デンタルミラーで確認をしてもわかりにくいため、気づかないケースが少なくありません。

白っぽい歯石とは異なりゆっくりと時間をかけて形成されていくため、歯への密着力が強力になり、除去するのが困難なケースが多いです。

歯石が黒いのは歯茎の出血に関係あり

本来白っぽい歯石が黒くなるのは、歯磨きなどで歯茎から出た血や滲出液(しんしゅつえき)という組織液のミネラル成分が、プラークと混ざって石灰化するためです。

歯茎から出血する頻度がほとんどない場合、黒い歯石ができることはあまり考えられません。
黒い歯石が形成される条件として、頻繁に小さな出血が起こっていることが挙げられるためです。

そして、歯茎から頻繁に出血するのは、歯周病を患っている可能性が高く、歯周病の進行度も高いといえる状態です。
よって、歯茎からの出血が頻繁である、もしくは黒い歯石があることを確認できた場合、放置しておくのは危険であると判断できます。

黒い歯石が自然に取れたけど大丈夫?歯医者に行かなくてもいい?

歯石自体、そもそも自然に取れることはあまりありません。
特に、黒い歯石は歯への密着度が非常に高いため、白っぽい歯石と比べてより自然に取れる確率は低いです。

ただし、歯磨き、爪楊枝の使用、フロスの使用などがきっかけで、歯石の一部が取れることはあります。
しかしこの現象が起こるのは、歯石を放置し、たまりすぎていることが原因です。

つまり黒い歯石が自然に取れたということは、「取れているのは一部のみ」「歯石がたまりすぎているために自然と取れている」ということなので、早めに歯科医院で歯石を除去してもらう必要がある、緊急度の高い状態といえるのです。

歯石の放置は歯周病以外の病気のリスクも上げる

歯石の放置は歯周病を悪化させ、歯を溶かしてしまうリスクを上げます。
それだけではなく、歯周病菌の一つである「P-ジンジバーリス」は、血液中の鉄分を栄養として活性化し、ジンジパインという酵素を出すことがわかっています。

ジンジパインは血液中に入り込み、身体を巡って心筋梗塞、糖尿病、アルツハイマーといった病気になるリスクをも上げるため、長期間歯石除去をしていない方や口臭が気になる方は、歯科医院で歯石を除去してもらいましょう。

歯石は自分で取ってもいい?正しい取り方について

歯石のホームケアとして歯石取りキットなどがありますが、自分で歯石を取るのはリスクがあるため、おすすめできません。

特に、黒い歯石は取るのが難しいため、無理に取ろうとしてエナメル質を剥がしてしまい、虫歯になりやすくなる恐れがあります。
歯を傷つけないためにも、歯石除去は必ずプロにお願いしましょう。

黒い歯石の取り方1:スケーリング

スケーリングとは、鎌のような形のスケーラーという器具を使って歯石を取る方法をいいます。

スケーラーには、手用スケーラーと超音波スケーラーの2種類があります。
手用スケーラーは、歯科衛生士自らの手で除去する器具です。
超音波スケーラーは毎秒25,000〜40,000回の振動で歯石を粉砕して除去する器具です。

状態にもよりますが、歯周ポケット内の歯石取りは歯の根本の形が複雑なので、時間がかかりやすい場合があります。
よって、一度に作業すると3〜4時間要することもあり、何回かに分けて歯石取りの作業を行うケースも少なくありません。

黒い歯石の取り方2:フラップ手術

フラップ手術は麻酔をして歯茎を切開し、歯の根元にこびりついた黒い歯石を除去することが可能です。
フラップ法は、歯周ポケットの深さが4ミリ〜5ミリ以上で、スケーラーが届かない場合に用いられます。

歯石の除去が終わったあとは切開部分を縫合し、1週間ほどで抜糸を行います。

まとめ:取れた歯石が黒い場合は速やかな受診をおすすめします

自然に取れた黒い歯石は、危険が潜んでいる場合があるため、要注意です。

では、本記事のポイントを改めてまとめます。

  • ・黒い歯石は、歯周ポケットの中で作られるため確認しにくい
  • ・黒い歯石はゆっくりと形成されるため、歯への密着力が強く除去しにくい
  • ・歯石が黒い原因は、歯茎からの頻繁な出血と滲出液のミネラル成分にある
  • ・黒い歯石は歯周病がかなり進行している恐れがある
  • ・歯石の放置は歯周病だけでなく、心筋梗塞などの病気のリスクも上げる
  • ・自身の手で行う歯石除去は、誤ってエナメル質をはがす恐れがあるため、危険
  • ・歯石を除去する方法はスケーリングとフラップ手術の2つがある

黒い歯石は歯周病が進行している可能性が高く、信頼できる歯科医院を早めに受診することが大切です。

RYO JIMBO DENTAL 四日市くぼた歯科・矯正歯科では、患者さんの歯の健康のため、無料カウンセリングの実施、適切な治療方法の提案、アフターケアなど徹底したサポートを心がけています。
黒い歯石でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の予防歯科

四日市で選ばれる当院の一般歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 218,954

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 80,962

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯石取り(除去)の効果について|メリットやデメリット、注意点もまとめて解説 75,617

2021.12.21
歯石取り(除去)の効果について|メリットやデメリット、注意点もまとめて解説

月別アーカイブ