column

歯科コラム

乳歯が虫歯になったら?原因について知っておきたい3つのこと

乳歯は虫歯になりやすいうえに、虫歯になってしまうと進行が速いといわれています。

そのため、予防するとともに虫歯になってしまったら早めに治療することが大切です。

虫歯になってしまった乳歯を治療せずに放置しておくと、永久歯や顎の発育にも影響するので早めに対処するようにしましょう。

この記事では、乳歯の虫歯の特徴や原因について解説していきます。

1. 乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べると虫歯になりやすいといえます。

ではなぜ、乳歯はなぜ虫歯になりやすいのでしょうか。
理由や特徴、感染経路について解説します。

1-1. 乳歯が虫歯になりやすい理由

口の中は何も食べていないときは中性に近い状態ですが、食事をすることによって酸性になります。
口の中が酸性になると歯のエナメル質が溶かされてしまうため、虫歯の進行を早めてしまいます。

乳歯は歯のエナメル質と象牙質が永久歯の半分ほどの厚さしかないので、より虫歯になりやすいのです。
また、乳歯の奥歯は溝が細かいため、汚れがたまりやすいことも理由として挙げられます。

1-2. 乳歯の虫歯の特徴

乳歯の虫歯は黒ではなく白いことが多いので、虫歯になっていても気づかずに進行してしまいます。
また、子どもは痛みの感覚が発達しておらず、虫歯自体の痛みに気づきにくいことも特徴です。

1-3. 感染経路

虫歯の原因となる菌は、すでに虫歯になったことがある人の唾液から感染します。
スプーンやお茶碗などの食器を共用することや、口移しで食べさせることが原因となる場合が多く、大人の口の中に存在している虫歯の原因菌が子どもの口の中に入ることで虫歯が発生します。

2. 乳歯が虫歯になる原因

乳歯が虫歯になる原因は、糖質が多いものを食べたていたり、おやつをだらだらと食べていたりすることなどが挙げられます。

それぞれ解説します。

2-1. 糖分が多いものを食べている

チョコレートやアメなどの甘いお菓子には糖分が多く含まれており、虫歯の原因となるミュータンス菌が酸を作りだしてしまいます。
そのため、甘いお菓子を頻繁に食べると虫歯ができやすくなるのです。

2-2. おやつを食べ終えるまでの時間が長い

虫歯は、ミュータンス菌が作る酸によって歯が溶かされることが原因です。
この酸は唾液によって中和され、溶かされた歯の表面を修復する働きがあります。
しかし、おやつを長い時間かけて食べたり、1日に何度も食べることを続けたりすると、唾液による修復作用が追い付かなくなり虫歯になるリスクが高まります。
おやつは30分ほどで食べ終えるようにし、食べる時間帯も決めるようにしましょう。

2-3. 歯のエナメル質が薄い

歯の外側は、エナメル質という歯質でできています。
乳歯ではこのエナメル質が永久歯の半分程度の厚さしかないため、ミュータンス菌が作る酸に溶かされやすいのです。
虫歯になってエナメル質に穴があくと、その奥にある象牙質にまで虫歯が進行しやすいため、定期健診を行い予防に努めましょう。

3. 乳歯の虫歯を放置するリスク

乳歯は永久歯に生え変わるため、虫歯になっても「放っておいてもよいのでは?」と考えでしまうかもしれません。
しかし、乳歯の虫歯は進行が早く、治療しないで放置しておくと永久歯や顎の発育にまで影響することもあります。
ここでは乳歯の虫歯を放置した場合、どうなるのか解説します。

3-1. 治療に時間がかかる

乳歯の虫歯を放置しておくと、歯の奥まで進行してしまい治療に時間がかかることになります。
乳歯は歯の表面にあるエナメル質が薄いため、歯の奥まで虫歯が進行するのも短期間です。

一度虫歯になると進行しやすいので、早めに治療する必要があります。

3-2. 永久歯も虫歯になる

乳歯の虫歯を治療せずに放置すると、永久歯も虫歯になるリスクが高まります。
乳歯にできた虫歯が歯の根元まで進行すると、その下で生える準備をしている永久歯の発育に影響するためです。
虫歯菌が付いた状態で生え変わることで永久歯も虫歯ができやすいのです。

3-3. 顎の発達に悪影響が出る

乳歯にできた虫歯を放置すると、乳歯が早く抜けてしまうことがあります。
乳歯が早く抜けてしまうと、永久歯が斜めに生えるなど、永久歯の歯並びに影響が出ることがあります。
永久歯の歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、顎の発育にも影響する場合があるので早めに治療するようにしてください。

4. 乳歯を虫歯にしないためには予防と定期健診が重要

乳歯が生えている子どもの場合、自分では磨き切れない場所もあります。
親御さんが仕上げ磨きをしてあげるなど、フォローが大切です。

まだ自分で歯磨きができない年齢のときは、ガーゼでふき取るなどして口の中の汚れを取ってあげます。
離乳食を食べられるようになったら、歯ブラシに慣れさせながら軽くブラッシングしてあげましょう。

子どもが自分で歯磨きができるようになっても、最後は親御さんが仕上げ磨きをしてあげます。
また、乳歯に虫歯ができても早期発見できれば短期間の治療で済むため、定期健診を受けることをおすすめします。

5. まとめ

乳歯が虫歯になると進行が早く、将来的には永久歯や顎の発育にまで影響するので、放置せずに早めに治療することが大切です。

おやつの頻度や内容も虫歯のできやすさに関係しているので、糖分の多いものはなるべく控えて、食べる時間も決めておくことで虫歯の予防につながります。

乳歯が虫歯にならないように自宅で予防をするとともに、歯医者で定期健診を受け、お子さまのお口の健康を保ってあげてください。

四日市くぼた歯科・矯正歯科」では小児歯科についてのご相談も受け付けております。
ぜひお気軽に、お問い合わせください。

関連リンク

四日市で選ばれる当院の小児歯科

四日市で選ばれる当院の一般歯科

四日市で選ばれる当院の予防歯科

当院へのお問い合わせ

医院情報
医療法人RJD 四日市くぼた歯科・矯正歯科
〒510-0821
三重県四日市市久保田1-3-30
059-340-6311
診療時間:9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜・日曜 ※祝日も診療
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者
名古屋/名駅すぐの歯医者
※名古屋院でもお役立ち歯科コラム公開中!
本記事の監修

本記事を監修した当院の歯科医師

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説 258,850

2022.03.15
抜歯後に出血が止まらない場合の対処法|抜歯の注意点も解説

生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介 107,542

2023.03.29
生えかけの親知らずが痛い!痛みはいつまで続く?原因・対処も紹介

歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる? 95,878

2023.03.29
歯が痛いけどすぐに歯医者に行けない!市販薬で応急処置できる?

月別アーカイブ